天香具山の命と弥彦山

10月の下旬、弥彦山に行ってきた。  ネットで検索していたら、弥彦神社門前の旅館三日間と云うのがあり、集合も東京駅12時10分、ゆったりとして良い。中一日はフリ-なので弥彦山に登ることができるから早速申し込んだ。   三彦山というのがある。新潟県の弥彦山、福岡県の英彦山、兵庫県の雪彦山がそれで、いずれも修験の山である。 私は、自分の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美ヶ原と松本城

 7月以降ブログをアップしていません。暑い夏だったせいで体調を崩してしい、秋になってようやく体調が快復して、山の仲間の山行に動向することができま  美ヶ原は標高2034m、アルプスの展望台と云われ、松本から、ホテルのシャトルバスを利用すると、容易に行けるので、高齢者の散策に適しています。特急あずさ13号で松本駅集合。久しぶりに西の宮居…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

13日の金曜日の出来事

 ここ数日、暑い日が続いている。先日、やはり暑い日だったが世田谷代田にある斎田記念館に行った。新聞に「花鳥礼讃-渡辺省亭・水巴父と子、絵画と俳句の共演-」の紹介記事が出ていた。妻に見せたら是非行きたいと云うので出かけた次第である。 省亭(1851~1918)は江戸の神田生まれで、明治の時代に活躍した花鳥画の大家で、日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二人だけの例会 都立舎人公園行

 昨日は雨。気象庁は昨日から関東甲信越地方が梅雨に入ったと宣言した。ところが今日は良く晴れている。梅雨入り直後の晴れは良くあることらしい。これからは、本格的な梅雨空が続くだろう。  ところで、今回の友人Oさんとの[二人だけの例会」が私の当番で、お絵描き歌に「6月6日に雨ざ-ざ-降ってきて」と唄われているので、二人の都合の良い日から6日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高尾山のセッコク

 一昨日、久しぶりに高尾山に行ってきた。セッコクが咲いたか気になっていたからである。高尾山の寺務所で尋ねたら、薬王院境内の大杉に咲いていると言われ、写真を見せてくれた。ケーブルカー清滝駅(下の駅)のホ-ムの桜の木にも見られると教えて頂頂いた。6号路の情報は高尾ビジタ-センタ-が休日のため得られなかった。  【セッコク、ケーブルカー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラとカルガモ

 昨日一昨日と続けて銀行に行った。手元不如意となったので、現金を引き出そうとしたが、暗証番号が違いますと表示が出た。何回やってもだめだ。それで受付で尋ね、調べてもらったら、何度も違う暗証番号を打ち込んだためにカードがブロックされてしまったのだと云う。  解除するためには、官公庁発行の本人を確認できる書類と銀行口座に使用している印鑑が必…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中綱湖、長峰山ハイキング

5月の1~2日、写真撮影の隠れた名所、中綱湖と長峰山へ、山の仲間と行ってきました。  中綱湖は仁科3湖のひとつで、青木湖と木崎湖の間にる小さな湖で、近頃オオヤマザクラが人気があるそうです。私たちも、オオヤマザクラを狙って、民宿に予約していたのですが、宿に問い合わせたら、このところの暖い日が続いたため、散ってしまったとのことでした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射線基準値値についての検証開始

 ちょと古くなるが、2月12日の産経新聞に国の放射線審議会の事務局を務める原子力規制委員会が福島原発事故後に国が設けた食品の放射線基準値について、審議会で議論する方針を固めたと報じた。  また、審議会では、除染の目標とされる空間線量に検証0.23マイクシ-ベルトについても、規制委員会の提案を受け次回総会で議論してゆくことが決まってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京の初雪

  昨日はかなりのな降雪が予想されるという予報で、外出は控えていた。多摩でも朝からどんよりとした雪空である。北窓からは4,5日前から裸木に掛かっていたいる白いビニール袋、魂のような形に見えるのだが、風に揺れていた。  10時半頃から雪が降り出した。ベランダに吹き込んでくる雪を見ていてマロを想った。猫だって雪は好きだ。マロは吹き込んでく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の京都三連泊 その四

 四日目、前日は大分歩いたので、この日は観光タクシ-を頼んだ。是非とも行きたいところとして上賀茂神社、下鴨神社と相国寺を指定した。  上賀茂、下賀茂の二つ神社とも、1994年に世界遺産として登録された「古都京都の文化財」である。神社は何時お参りしてもよいものなので、8時にホテルを発ち、まず上賀茂神社に詣でた。  早朝の神社はすがすが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の京都三連泊 その三 

【第二日】承前  地図で見ると金戒光明寺は岡崎神社のすぐ隣のように見えるが、丸太町通りに直に面してないので、どこから入れば良いのかわからない。近くにいた人に道を訪ねた。途中猫を発見。ご機嫌を伺い、写真を撮らして頂いた。 早朝なので観光客の姿は見えない。石段を登ると重厚な山門がある。法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の京都三連泊 その二 

【第二日】 この日は「白沙村荘橋本関雪記念館」が目標であるが、10時開館なので、その前に岡崎神社、黒谷金戒光明寺、銀閣寺に立ち寄るコ-スを考えた。  岡崎神社は、左京区の岡崎東天王町にある。かってはこんもりとした森に囲まれていたに違いない。今は敷地の一部がホテルに分譲されているようだ。祭神は、スサノウノミコト、クシイナダヒメノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の京都三連泊 その一

掲載が前後してしまったが、12月10日から13日にかけて妻と京都に行ってきた。かっては愛猫のマロを残して旅行など考えられなかったが、マロが逝ってしまい、我々も残すところわずかになって、妻は二人で気ままに京都を楽しみたいという。   ネットで検索して、新幹線往復京都自由行動3連泊というツアーを見つけ、早速申し込んだ。ホテルと新幹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年を経た同期会

 昨日出席した同期会は16名で発足し、年2回幹事の持ち回りで開催してきたが、今年でもう44年となる。会員も高齢化してきて、現在連絡を取り合う会員は13名であり、ここ数年、昼の会食としているが、全員の出席は難しくなってきた。  今回はMさんとOさんの幹事で、会場は御徒町駅前の「吉池食堂」で、開催の案内には、「校長が始めた鮮魚店」という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜半の満月

 昨夜半,明るい光で顔を照らされ目を覚ました。周りがいやに明るい。サッシュの間から光が差し込んでいる。窓を開けて見上げると煌々と丸い月が輝いていた。腕時計を見ると3時だった。暦で調べると満月である。満月が西に傾いてきたのでサッシュの隙間から光が差し込んできたのだった。こんな経験は初めてである。  ふと、李白の「静夜思」を思いだした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の北の丸公園と後楽園

 長老を年配の会員が逝去されてしまい、写真を趣味とする二人だけが残されてしまった。 しかし、解散するのも惜しく、今も、ただ「例会」と称して、交代で幹事を勤めながら続けている。   昨日は、Oさんの幹事で、紅葉の北の丸公園と後楽園に行ってきた。晴天ではないが、かえって、光線の具合が撮影に良かったせいか、撮影枚数が多くなり選別に苦労した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茗荷谷から本郷三丁目へ

先週、古い仲間たちの史跡探訪会に参加した。集合場所の茗荷谷駅にに到着して、まず驚いたのは駅がすっかりきれいに建て替えられていたことだ。以前はこの駅をよく利用したころは地味な駅だった。都心に出てくるたびに、その変化はすさましい。ただ古りゆくものは我が身なりけりか。  最近の都心での史跡というべきものは寺院とそこにある有名人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中心性網膜症の再発

  年を取ると次々にいろんな病気が発症するものだ。左目にごろごろする感じが出てきた。眼科医は逆さまつげだと云い、その都度抜いてもらっている。年取るとまぶたが下がってきて逆さまつげになるそうだ。   昨日、眼科で視力検査を行った。一ヶ月前は、両眼とも1.2であったが、今回は左の視力が0.7に落ちていた。精密検査を行い、医師から中心性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高尾山健康登山

昨日ようやく秋空が戻ってきたので高尾山に行ってきた。免許証を返納してから、以前のように思い立ったらすぐ出かけることがすくなくなり、反省している。 今回も一号路である。このル-トは単純だが自身の健脚度をチェックするのに都合が良い。涸沢から帰ってから無精を続けていたが、脚の筋肉はさほど落ちているとは思えず、まずは安心できた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大和建国の謎

 前回、出雲の国譲りに抵抗して諏訪に逃れたタケミナカタ(武御名方)に触れたが、出雲の国譲りについては以前から記紀の記載に疑問を禁じ得なかった。  第一は、アマテラス(天照大神)がいかなる根拠で出雲統治の正当性を主張したのか。  第二は、大国主が国譲りを承諾したのに、なぜ出雲ではなく、日向の高千穂に天下り、出雲は放置されたのか。 主な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more